【飲食店インスタ集客術】インスタグラム(Instagram)で見込み顧客にアプローチする7つの運用ポイント

こんにちは!リライト川崎@RELIGHT_170301です。

2019年飲食店のWEB集客に欠かせないインスタグラム(Instagram)みなさんもうアカウントはお持ちでしょうか?

この記事は始めたばかりの方が読む仕様になっております。飲食店のビジネスアカウント開設がまだの場合は‎FC.REAL.CONSULTING.TOKYO@fceverdelitokyo様の下記記事をご覧ください。

飲食店がInstagram集客で成功するために必要なの5つの条件『飲食店のInstagramの使い方』

 

まだまだフォロワー数の少ない私ですが、月間のインスタからの問い合わせが10件を超えました。

このインスタグラム・ユーザーフロー・オプティマイゼーション(以後IUFOと呼びます)を実行したおかげです。

あまりネタバレにならない程度に紹介させていただきます。

 

インスタグラムが十分営業ツールになる事は皆さん認識されているかと思いますが、

思いのほか効果が出ない方も多いのでは?

 

下記に当てはまる方はぜひこの7つの運用方法を実施してみてください。

 

☑️インスタから集客したい!
☑️毎日投稿しているのにフォロワーが増えない。
☑️いいね!がなかなか増えない
☑️問い合わせが少ない

 

この記事を読めば、こんな運用の悩みが解決できます。

 

FC.REAL.CONSULTING.TOKYO様がnote.muで販売している。

プロマーケター実践シリーズ「インスタ3部作」の影響も受けています。

ご購入はこちら

上記書籍もぜひ参考にしてみてください。
それでは、インスタグラムのアップデートを行っていきましょう!

 

※本文は「インスタグラム(Instagram)」を「インスタ」と表現させていただきました。

読みやすさ向上のためなので略称使用をお許しください。

【飲食店インスタ集客術1】IUFOにはこうあった!
インスタ企業アカウントの最適化

企業アカウントを最適化するまえに、なぜ今インスタを使うのか考えましょう。

 

IUFOにはこうあります。

CDが売れなくなった、書籍が売れなくなったと聞いて久しいですが、メディア、媒体というものは常に変化しています。

WEBで音楽ファイルを配信したことによりCDは以前ほど売れなくなりました。PDFで本を配信したことにより書籍は以前ほど売れなくなりました。

同様の変化が今、飲食系WEBメディアでももたらされています。

 

いまやお客様はグルメサイトからだけではありません。

様々な情報メディアが増える今の時代、インスタグラムの需要が高まっています。

実際にインスタからの問い合わせや、インスタ⇒ぐるなび⇒ネット予約という導線を上手に活かしているお店もたくさんあります。

 

さてインスタの企業アカウントでできることは…

・電話予約

・メール

・道順表示

・ぐるなび予約(ぐるなび有料会員のみ)

上記4つをしっかり設定してください。

これがないとお客様からの問い合わせに繋がりません。

 

いくらフォロワーが増えても、いいねが増えても、インプレッションが増えても

やはり電話やWEB予約に繋がらなければインスタの効果を実感できないでしょう。

 

ちなみに、ぐるなびの設定は営業担当に連絡すればやってくれますよ。

この中で特に難しいのは地図の設定…

 

Facebookページとの連結が必要なのでもしできない場合は

FC.REAL.CONSULTING.TOKYOに問い合わせてください(僕もやってもらいました)

 

【飲食店インスタ集客術2】IUFOにはこうあった!
ハッシュタグは最大30個全ていれよう!

実は30個も入れられるハッシュタグ。
ハッシュタグを入れないと全然いいね!されないしフォロワーも増えません。

インスタ運用に大切なのはこのハッシュタグ選びといっても過言ではありません。

 

IUFOにはこうあります。

インスタユーザーのウォールに流れる投稿はそのインスタユーザーがフォローしているアカウントの投稿とフォローしているハッシュタグのみです。

つまり日々の投稿で気をつけなければならないのは#ハッシュタグなんです。

 

なぜハッシュタグを最大まで設定しなければいけないのか?

それは多くの方に貴店の投稿をみてもらうためです。

 

もちろんフォロワーには見てもらえますが、できればもっと多くの人に情報を届けたいですよね。

 

そんな時に有効なのがハッシュタグ。

フォロワー以外のインスタユーザーに投稿を届ける手段です。

せっかくの投稿を見てもらえないのでは意味がない、

投稿は確実に貴店のお客様に届けなければなりません。

 

もちろんいいね!もフォロワーも増えるきっかけになります。

 

とはいえ、関連があればどんなハッシュタグをつけてもいい…という単純な話ではありません。

 

しっかりと見込み顧客に届かなければ、どれだけハッシュタグをつけても結果は変わりません。

 

そこで!

あなたのお店で最高に効果が出る、ハッシュタグの選び方を紹介します。

【飲食店インスタ集客術3】IUFOにはこうあった!
ハッシュタグの選び方

ハッシュタグを決めるとき、#新宿だったり#焼肉だったりしますよね?

 

実は1ワードのハッシュタグは投稿数がたくさんあり、

貴店の情報は留まることなく、あっという間に流れていってしまいます。

 

このようなビッグワードで投稿を続けると他の投稿に埋もれてしまいます。

 

#新宿では新宿に関連するありとあらゆる情報掲載。

#焼肉では日本全国の焼肉情報が掲載。

 

↑のようなハッシュタグを見るユーザーは確かに多数います。

ですが、あなたの投稿に関心のあるユーザーが少ないのが事実です。

 

IUFOにはこうあります。

単一ハッシュタグでは投稿数も多いので情報がたくさんあるとユーザーは判断し、見てもらえる可能性が出てきます。

しかしながら、検索結果の上位に表示される必要性が出てくるため、貴店の投稿が露出する可能性が非常に低いです。

つまり!飲食店のみなさんがやるべき投稿は多くの人に見てもらうのではなく、

あなたの情報を本当に必要としているユーザーに届ける!

ということです!

 

それでは長くなりましたが実際のハッシュタグチューニングに行きましょう!

 

【飲食店インスタ集客術4】IUFOにはこうあった!
ハッシュタグチューニングでハッシュタグリストを作ろう!

ハッシュタグチューニングではあなたのお店の見込み顧客が多いハッシュタグを選ぶことから始まります。

 

IUFOにはこうあります。

複数ワードを詰め込んだハッシュタグは単一ワードハッシュタグに比べて投稿数は少ないはずです。これは実はメリットなんです。

そもそもハッシュタグに明確な目的があるので見込み客(来店可能性が高い)となります。

複数ワードに見込み顧客がいるのであれば、

狙うのは「#地域×業態」など実際にお店を選ぶときに検索窓に入れる言葉です。

 

まずはインスタの検索を開き「#+あなたのエリア」を入れてください。

…ここでは仮に鎌倉とします。

そうすると予測変換で関連タグがたくさん出てきます。

この中から飲食に関係のあるワードを選出しましょう。

 

ご覧の通り、鎌倉の飲食店で必ず入れなければならないハッシュタグは…

#鎌倉カフェ
#鎌倉旅行
#鎌倉カ食べ歩き
#鎌倉デート
#鎌倉観光
#鎌倉ランチ
#鎌倉散歩
#鎌倉さんぽ
#鎌倉gram
#鎌倉パスタ
#鎌倉ぶらり旅
#鎌倉グルメ
#鎌倉ごはん
#鎌倉散策
#鎌倉カフェ巡り
#鎌倉大好き
#鎌倉好き
#鎌倉スイーツ
#鎌倉ディナー

 

上記は必ずいれなければなりませんね。

そのほかの10個のワードは#自分の店やキャンペーン中のハッシュタグ。

またオリジナルハッシュタグをつけて効果測定しましょう。

 

もちろん人気ハッシュタグは変わるので、都度チューニングは行ってください!

【飲食店インスタ集客術5】IUFOにはこうあった!
ユーザーとコミュニケーション取ろう!

ハッシュタグも大切ですが、SNSとはいわゆるコミュニケーションツールとしての側面もあります。

 

IUFOにはこうあります。

飲食店経営でよく言われるのは、、

「待ってるだけではお客様は来ない」。

こんなフレーズ聞いたことがあるかと思います。実はInstagram集客も同じです。

 

自分の投稿にいいね!やフォローをしてくれた方にメッセージをお送りましょう。

もちろんコメントへの返信も忘れずに。

返信は特にアクティブな印象を与えます。

 

それにやっぱりコメント対する返信はうれしいものです。

貴店の人柄がわかるような返信は好感度が上がります。

 

日々の投稿だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションを大切に。

人付き合いと一緒で、インスタの先には必ず感情を持った人間がいます。

 

お客様もスタッフも大切にしましょう。

【飲食店インスタ集客術6】IUFOにはこうあった!
インスタ投稿を促そう!

お店をインスタで紹介してもらうために「インスタスポット」を用意しているお店がある…

というのをご存知でしょうか?

 

例えばあるユーザーが貴店の写真付きの投稿をみて…

「同じようにやってみたい!」というユーザーがいます。

 

おもにインフルエンサーと呼ばれる人たちのカリスマ的な投稿を真似するやつですね。

もちろん貴店のハッシュタグにユーザーからの投稿がたくさん入れば、

それだけで来店動機になります。

 

それではユーザーが投稿したくなる商品の提案や仕掛けづくりを見ていきましょう。

 

IUFOにはこうあります。

1.商品の大きさ、長さ、太さ、高さ、重さなどのサイズ感のギャップはユーザーの無意識の期待に応えてるものではないでしょうか?

 

2.また最終盛り付けをユーザーの目の前で行うテーブルパフォーマンスなどはストーリーズにアップしてもらえるチャンスかもしれません。

3.メニュー表には狙ったかのこどく#インスタ映え と記載してみたり、店名ハッシュタグ付き投稿でサービスをしてみることもあるでしょう。

少しアイディアが必要になるかもしれませんが、

インスタ運用の答えはインスタにあります。

 

ぜひ同業他社の運用を分析して、貴店にフィードバックしてみてください。

【飲食店インスタ集客術7】IUFOにはこうあった!
ハッシュタグの効果をインサイトで検証しよう!

さていよいよ最後です!

実はインスタグラムの運用で効果測定してもらいたいのは…

 

いいね!じゃなくインプレッション!

 

インプレッションとは表示回数という認識で大丈夫です。

なぜかというと実際に来店されるのが100%フォロワーというわけではありません。

いいね!が増えない、フォロワーが増えない悩みもありますが、

インスタ運用の目的は来店につなげることです。

 

予約の電話やフリーのお客様にぜひ聞いてみてほしいのが、

「本日は何をご覧になって来店されましたか?」

 

毎月インスタを見て来店したお客様をカウントして、

効果測定を行ってみてください。

 

インスタのインサイトでは読み解ける数字はまだまだたくさんあります。

エンゲージメントやインタラクションなどの細かい説明とそこから解析できる内容は、

さすがに抜粋できません(笑)

 

ただしIUFOにはこうあります。

分析内容はとても大変な作業です。

 

そんな大変な作業は取り組むお店は1割もいません、そこに答えがあるかもしれないのにですよ!

こうして売れてるお店、売れてないお店の差ができるわけです。

 

【飲食店インスタ集客術7】IUFOにはこうあった!
まとめ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

なかなかのボリュームで大変だったと思いますが、結論から言うと飲食店で集客につながるインスタ運用は「インスタ映え」を狙っていてはダメだということ。

 

もちろんユーザーにインスタ映えする情報や商品を提案することは大切です。

 

ただし貴店のビジネスアカウントは「お客様を呼ぶ」ためにやっています!

ですので、そこだけははき違えないでください。

 

結局お店はきれいな写真は取れて当たり前です。

そこだけにフォーカスするのではなく、興味がある方にしっかり届けることが大切。

 

質の高いいいね!とフォロワーを増やし、来店につなげましょう!

 

それでは最後になりましたが、FC.REAL.CONSULTING.TOKYOのインスタ書籍を改めて紹介いたします。

 

プロマーケター実践シリーズ

画像クリックで購入ページに飛びます。

【RE:ハッシュタグ】~新しいハッシュタグの使い方~

ハッシュタグの拡散力をさらに高める禁断の裏技!

【プロマーケターも実践してる!】
キラー#ハッシュタグチューニング

見込み顧客に届くハッシュタグの作り方を大公開!

Instagramの使い方

全てのインスタユーザーのために!
一度は読んでおきたいインスタマニュアルの実用書!

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す