【飲食店 新規顧客の増やし方!】次世代飲食コンサルタントが教える新規獲得方法まとめ!

こんにちは!飲食店コンサルタント川崎です。

今日から名前のアンカーリンクをインスタに変えてみました。

だからどうという話ではなく…フォローをお願いします…

 

さて昨日更新した「リピーターを増やす方法」に続き、新規顧客獲得方法について解説していこうと思います。

前記事をまだ読んでない方はこちらからどうぞ。

 

一昔前までは…

「新規獲得にかけるコストよりも、リピーターを獲得するほうが低コストだ!」

とまぁ…よく言われたものです。

 

ですが昨今の傾向だと逆なのではないでしょうか?

リピーターを作るのには、とにかくCS(顧客満足度)を上げなければなりません。

CSを上げるにはES(従業員満足度)を上げないと成立しない。

※諸説あります、経営方針によっても違います。

 

食材に原価をかけ、スタッフ教育にコストをかけ…

とにかく店の基礎戦闘力を上げなければ、お客様が値段以外でリピートすることはありません。

 

スタッフよりもはるかに舌の肥えたお客様を相手にしているわけですから…

そういった方々に商品やサービスを認められ、初めてリピーターとなるわけです。

 

ただ…そこまで人が育つのに半年~1年。

育ったアルバイトから順次辞めていく…もうこのスパイラルを10年以上経験しました。

 

そこで今回は「とにかく新規顧客を獲得するシンプルな方法ないの?」という純粋な希望にこたえるために実績を紹介しながらご案内させていただきます。

 

それでは新規顧客を増やす方法をアップデートしていきましょう!

 

【飲食店の新規顧客の増やし方①!】認知度を上げるためのWEBマーケティング

新規を増やすには「露出を増やす」しかありません。

つまりWEB上にたくさん貴店の情報が掲載されている状態を維持するという事。

 

例えばあなたのサイトがどれぐらい紹介されているかわかるツールがあります。

被リンクチェッカー

 

被リンクチェッカーにあなたのHP(ホームページ)のURLを入れると、他のサイトにどのくらいリンクが張られているか調べてくれます。

 

被リンクの数が多いとSEOに繋がります。

お店の情報がインターネット上に多く掲載されていたほうが、それだけ見られる可能性が上がる→認知度向上につながるという事です。

 

新規獲得するために共通していることはここです。

①より多くの人に見られるためにどうすればいいか?

 

まずはこれを考えてください。

 

そして、次に考えるのは

②予約…つまり来店までの導線確保です。

 

①はたくさん、②は集約するのが理想的です。

予約管理できるリクルートのAirレジなどと契約していれば、集計が取りやすいのでおすすめです。

 

さて次はもう少し掘り下げて紹介してみましょう!

【飲食店の新規顧客の増やし方②!】無料掲載か有料掲載か?

無料系グルメサイト

過去にリストアップしたので、そのまま転記します。

ですが、少し情報が古いかもしれません。

被リンクは多ければ多いほどいいわけではなく、良質な被リンクの方が評価が高いので自分のサイトのとの相性を考えて登録してください。

エキテン http://www.ekiten.jp/charge/advtop
トリップアドバイザー https://www.tripadvisor.jp/GetListedNew
YELP https://www.yelp.co.jp
街のお店情報 https://hotpepper.omisenomikata.jp/
Bizloopサーチ https://www.bizloop.jp/corp_add_search.php
AnytenGourmet https://gourmet.anyten.jp/
favy ファビー http://www.favy.jp/
KitchHike みんなでお店 https://www.kitchhike-minmise.com/
地域情報サービス EveryTown http://everytown.info/
ジモティー https://jmty.jp/
EAT東京 http://www.menu-tokyo.jp/menu/menu/regist/
Yahooロコ https://loco.yahoo.co.jp/place/g-n3KQfivY2YI/

※一部有料、送客手数料ありのサイトもございます。

※リンク先をよく確認してください。

※登録後の不利益に関しては責任を負いかねます。

 

有料系グルメサイト

すでに複数のグルメサイトに登録していると思いますが…

僕が「このサイトが一番いいですよ!」なんて言うとまるっきりステマ扱いされそうなので避けます。

※聞きたい方はDMください!

 

今回は新規顧客の獲得方法なので、送客数ベースで考えればどのサイトも最高プランにするのが近道です。その代わり、1人当たりの広告コストがかなり高くなります。

 

このビジネスモデルを成立させるには…

①席数の多い広い箱(店舗)

②食材原価を限りなく抑える

③人件費をかけない

 

これだけ聞くと…個人的にはあまり行きたいお店ではないです。

ですがビジネスとしては成立するはず。

スタッフは外国人の安いリソース、食材は粗悪なB級品…空中階の広い席を安く借りる。

これしかありません。

 

ですが、ほとんどの飲食店経営者はこうは考えないはず。

適正な費用対効果を算出し、広告の有料掲載の最適化を図りましょう。

 

費用対効果測定ジェネレーター

↑は費用対効果を測定するツールです。ぜひお試しください。

有料広告

グルメサイト掲載はプランを上げれば閲覧数が上がりますが、例えば1万円のプランを5万円にした場合、5倍の結果(予約獲得)は得られません。

 

もし予算をかけるのであれば、短期集中型のWEB広告です。

WEB広告に関しては下記にまとめております。

【飲食店向け広告(WEB版)2020年】Google、YouTube、Instagramの広告で集客しよう!

中途半端な知名度のグルメサイトに掲載するよりは、WEB広告の方がはるかに現実的です。

広告予算はこちらで決められる上、好きなタイミングでやめられます。

【飲食店の新規顧客の増やし方!】ブーストのかけ方!

グルメサイト、web広告以外の新規集客として、影響力のあるインフルエンサー招致があります。

昨今問題にされているステマなどがあるので、お金をもらうインフルエンサーさんは「PR」と目立つところに入れてくださいね。

 

ブーストとは、増幅装置のようなものです。

グルメに著名なインフルエンサー、YouTuberを起用し、来店訴求します。

それも1人や2人ではなく複数の方を一気に呼び寄せると、アクセスが爆発します。

瞬間的に炎上するようなイメージです。

 

それにつられた人が来店し「○○さんが紹介したお店に行ってきた!」という形で2、3次的に拡散する手法です。

もちろんこの戦略がはまる店、はまらない店はありますが…「トレンドを先駆けた目を引く料理」を紹介すれば必ず成功します。

 

ただし、しっかり企画できるディレクターの存在は不可欠です。

プロデューサーがしっかりしていないアイドルグループが流行らないのと一緒ですねw

 

インフルエンサーマーケティングの詳しい方法は、下記の記事を参考にしてください。

【インフルエンサーマーケティング成功事例3選】売上獲得に導くためのインフルエンサー起用とは?

【飲食店の新規顧客の増やし方!まとめ】

最後までお読みいただきありがとうございます。

新規顧客獲得だけに注目すると戦略が偏ってきますが、要はお店のコンセプトと予算にあったやり方というのが必ず存在します。

 

その方法を見つけるのも飲食店コンサルタントの役割です。

今回表層的な内容しか記載しませんでしたが…

 

もっと深く知りたい!

 

そう思う方は下記記事も参考にしてください、

飲食店のWEBマーケティングはこの3つ!売上が劇的に変わるリライトのWEB集客方法

そして、メルマガ無料登録で「グルメサイトに頼らない集客方法」を配布しています。

PCの方はサイドバー、スマホの方はもう少しスクロールしてぜひご登録ください。

 

それでは、また次の記事で!

 

 

 

 

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す