【5G到来で飲食店はどうなる?!】次世代通信が飲食店にもたらす7つの改革

次世代通信革命、ネット革新が今まさに起ころうとしています。

それが5Gの到来です。

 

通信環境が想像以上に早くなる…というのは皆さんご存じだと思いますが、

この5G到来で飲食店はどうなっていくのか?

 

そんな未来のお話をしていこうと思います。

 

スマートフォンが普及して、アプリを作った企業は巨額の富を得ました。

歴史を紐解いていけばわかりますが、新しい技術の到来や革新が起こる際、その波に乗ったもの人は必ず勝ちます。。

 

それはどんな業界にも共通して言えること。

飲食店でもそうです。

 

飲食店web2.0を掲げているリライトでは…2020年の5G到来で飲食店がどう変わっていくか、予想していきたいと思います。

 

「いやいや…そんなことありえないでしょうww」

 

と思われることも多いかと思いますが、ほんの20年前…ポケベルやピッチの時代を思い浮かべてください。

あの頃…スマホなんて想像できましたか?

技術革新は10年ごとに起こっています。

 

さて、それでは5G到来で変わる…飲食店の未来。

 

早速解説していきましょう!

 

 

【5G到来で飲食店はどうなる?!①】5Gとは

 

5th Generation(ファイブジェネレーション)の略で、1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。

第5世代移動通信システム

3G時代から移動体通信の標準化を行っていた3GPPではRelease 15以降に5Gの仕様を含めている。

Release 15は2018年6月に要求を確定し[1]、2019年10月頃に細部を含めた仕様が確定する予定となっている[2]。Release 16は2019年末の要求の確定を目指している[3]。

導入は、6GHz以下の周波数帯を使って、LTE/LTE-Advancedと互換性を維持しつつ、6GHzを超えた帯域を使って、新しい無線通信方式を導入、基地局に計算資源を備えることにより、端末に近い場所で処理する事で、センターのサーバーへ伝送するデータ量を低減して、遅延を減らす「モバイルエッジコンピューティング」の導入などが想定される[4]。

5Gでは、急増し続ける通信トラフィックへの対応が課題となっており、無線周波数帯の確保が重要視される。また、通信スピードの大容量化のためにより高い周波数帯を用いる予定であるため、マイクロ波の採用により、電波の直進性が極超短波より高まることから、携帯電話基地局の影では電波が届きにくくなり、多数の携帯電話小型基地局(マイクロセル)を数十メートル単位で設置する必要がある。通信速度の高速化は、シャノン=ハートレーの定理により、高消費電力も招きうるものであるため、モバイル環境での電池容量の確保も、技術的な課題となっている。もっとも、モバイル環境における、安定した電力確保の問題は、第3世代移動通信システムから続く、永続的な問題でもある。

既存の4G/LTEから5Gへの通信システムの変更に伴い、通信機器や産業機器の追加や入替が多発し、通信機器/電子部品を製造するサプライチェーンに大きな影響を及ぼすことが予想される[5]。GSMAによると、5Gの普及に伴い、VR・自動運転やAIといった関連技術の開発が進み、これらのイノベーションにより経済の成長や産業の新陳代謝が促進され、また2025年には5Gの接続数が12億に達すると予測している[6]。

 

引用元:Wikipedia

いきなり難しかったですね…

大丈夫です。要約します。

 

ポイント「超高速大容量通信」

今でも通信速度はかなり早くなりましたが、5Gになるとさらにスピードアップします。

わかりやすく言うと「動画」

リライトでも動画マーケティングを推奨していますが、この5G到来で動画が高画質&長時間見ることができます。

 

 

【5G到来で飲食店はどうなる?!②】5G到来は2020年!世界は急に切り替わるの?

今日(2019年10月11日)のニュースでGalaxy Fold SCV44という折りたためるスマホが発表されていました。

ガラケーのようにパタパタしているわけではなく、開くと2画面分の大きさになるスマホ?!

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1910/10/news150.html

 

実は5Gに対応したものでスペックが整っているそうです。

 

そして…実はアメリカと韓国では2019年4月に5Gが始まりました。

2つの国は世界初導入にこだわっていたようですが、日本では急いで入れることはない。

という判断だったようです。

 

【5G到来で飲食店はどうなる?!③】5gで何が出来るの?

実は何ができるか説明するのが非常に難しいのが5G。

今までの次世代通信の切り替えはイメージがしやすかったようです。

 

1G→電話ができる

2G→メールができる

3G→ネットにつながる

4G→アプリができる

5G→??

5Gの到来により、すべての製品がインターネットにつながっている状態が維持できます。

パソコンやスマホだけでなく、家電、車など…すべての機器が接続可能な世界…まぁ想像しづらい。

 

今回の記事は「飲食店」フォーカスしているので…

どんな飲食店になるか考えていきましょう!

 

【5G到来!飲食店はこうなる①】VRで店内ライブ体験

店内のライブ映像が高画質、高品質で配信されます。

お店の様子や調理風景がライブタイム動画となって配信されます!

 

【5G到来!飲食店はこうなる②】顔認証で来店回数

どのお客様が何回来たか?

リピーターの獲得と再来店が欠かせない飲食店の強い味方。

人のあいまいな記憶力を頼るのではなくAIによる顔認証により、

以前食べたデータが手元の端末でわかるようになる

 

【5G到来!飲食店はこうなる③】AI分析で支払いが自動化

顔認証による自動認証でお会計はなくなります。

カードを読み込むだけで会計が終了

 

※月刊リライト10月号にて続きが読めます。

【5G到来で飲食店はどうなる?!④】5Gの世界は次世代テクノロジーが現実になる!

 

どんな業界でも同じですが、やはり未来を読まなくては勝ち組みになれません。

もちろん受け身主体だった飲食店の世界もそうです。

 

流行の先駆け的な存在になり、先行優位をとらなければビジネスは上手く行かないでしょう。

 

BtoCにおける飲食店ならではの活用もたくさんあります。

次世代集客をいち早く取り入れて、正しい未来を創造し、競合他社としっかり差別化してください。

 

それではまた次の記事で。

 

この記事の完成版は月刊リライト10月号で!

飲食店専門のweb雑誌月刊リライトが公開されました!

本記事の詳しい内容は10月号をお買い求めください!

 

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す