【飲食店 ローカルSEOで上位表示させる8つのポイント!】Googleマイビジネスの@略称メンション機能とは?

2019年6月に入りGoogleマイビジネスがアップデートされましたね。

最近はアップデートについていけない、リライトの川﨑@RELIGHT_170301です。

 

今回の記事は2本立て。

Googleマイビジネスで上位表示される8つのポイント2019年6月版&「@略称」メンション機能についての紹介です。

 

まだまだ広がり切っていないGoogleマイビジネスですが、無料でできる媒体でこんなに優れたものはありません。前回のインスタグラム記事同様、飲食店の皆さんはとにかく始めてください。

 

それでは、GoogleマイビジネスのローカルSEO(MEO対策)のアップデートスタート!

ちなみにこの記事は中級者向けの記事になりますので、初心者の方は下記記事をご覧ください。

【飲食店 Googleマイビジネス MEO対策・ローカルSEO】たったの3ヶ月で上位表示させた5つの方法 ​

 

【飲食店 ローカルSEOで上位表示】はじめに

今回、Googleマイビジネスのアップデートでは「地域×業態」検索でのアルゴリズムが変更しています。

 

みなさんもご存じでしょうが、上記のように検索すると地図+3店舗が表示されます。

この3店舗に入る事をローカルパック入りすると表現します。

 

このローカルパック入りを目指す対策をMEO対策ローカルSEOという名前で呼ばれますが、

今月に入って表示順位のブレが以前より増えてきました。

 

それはGoogle側がより有益な情報をユーザーに伝えるために行われた改変です。

少し細く分析して行きましょう。

※本記事はMOZブログを参考にしています。

引用元:https://moz.com/local-search-ranking-factors

 

【飲食店 ローカルSEOで上位表示させる8つのポイント!】ローカルパック入りに重要な要素

ローカルパック入りを目指す店舗で、重要な項目をピックアップしてみました。

本家ではマップ検索と通常検索を分けて解説しているようですが、

混乱を避けるためにひとつにまとめています。

※英語がわかる方は私の意訳よりもご自身でお読みください。

 

下記は優先順位の高い順に並べています。

 

今まではSNSの投稿などの日々の運用も強いとされていましたが、

パワーバランスが全体的に変わって来ています。

①Googleマイビジネス内部構造

Googleシグナルという機能がご存知でしょうか?

Googleアナリティクスを使っている人は見たことあると思います。

この機能を使えばスマホやPCなどの異なる端末を使っていても、同じユーザーなら同じアクセスと判断してアクセス傾向を分析できるようになります。

 

つまり今まで以上に正確なユーザー数を計測するという事です。

Googleマイビジネスに置き換えると、過去にあなたが検索した情報なども加味されるので検索結果が個々に変わります。

 

主に重要なのは距離です。

例えば…

新宿で「新宿 居酒屋」と検索した結果と、

八王子で「新宿 居酒屋」を検索した結果は大きく違います。

 

またカテゴリ、ビジネスタイトルのキーワードも重要です。

検索ワードを意識したビジネスタイトルとカテゴリを選択しなければローカルパック入りはできません。

 

②リンクの重要性

もともと被リンクが重要だという事で、弊社でも被リンク増やしは地道に行なっています。

SEOの基本ですが、内部リンクの量とキーワードを含める事も重要。


MOZでは独自にドメインオーソリティというシステムを製作しており、SEOに強いサイト1-100段階で点数づけしています。


フタを開ければ、被リンクの量から算出しているようですが、やはり被リンク多いサイトは強い。

リンク先のドメイン数も評価対象にしています。リンク先のホームページはボリュームが多い方がいいと言えるでしょう。


③口コミの要因

口コミの評価順に表示させる機能もありあますが、某グルメサイトのように点数や口コミも上位表示の重要な要素になります。

 

今まで以上に。

 

特に影響力のあるレビュアー…と言う表記は見当たりませんでしたが、Googleがローカルガイドでユーザーを格付しているので全く無関係ではないでしょう。

 

また、低評価の量が多いとローカルマップ入りを妨げる要因となります。

 

④関連ページのnapやキーワード

貴店の情報が掲載されているページはどれぐらいありますか?

Napとは…

Name(店舗や会社の名前)

Address(所在地)

Phone(電話番号)

の頭文字を取ったものです。表記のブレがあると評価が下がります。

 

例えば…

東京都〇〇区3丁目〇〇ー〇〇

東京都〇〇区3丁目〇〇番地 〇〇リライトビル7F

 

と言う2つの住所がある場合、全てどちらかに統一してください。

よくGoogleマイビジネスで2店舗情報が出るなどの不具合は表記のブレがないか探してみましょう。

 

⑤貴店の情報が他でも使われている(引用)

本家ではIYPやサイテーションと表現されていましたが、ざっくり説明するとIYPはWEB上の住所録。

http://internetyellowpages.com/?reqp=1&reqr=nzcdYJMboJu4qaulLKMjqKLgpTW6YaOkLF5hrzAwMJW3paOaYzWyqN==

日本のタウンページWEB版ですね。

 

サイテーションはバックリンクの事。

つまりあなたのお店が他のブログで紹介されているかが重要です。

もちろん多い方がいい。

 

⑥ユーザーアクションの重要性

ユーザーアクションとは…

実際に予約したり電話したり、地図アプリ(ページ)を開いて「経路案内」をしたりとユーザーが取った行動を指します。

これも多い方がローカルパック入りの要素になりますが、どちらかと言うと上記の対策をしっかり取ってから上がる2次的な要素です。

 

⑦Googleマイビジネスページの差別化

もちろん写真の枚数、インドアビュー、動画などユーザーにとって有意義な情報はたくさん載せるべきです。

Googleからも通知が来るようにしっかり差別化を図ってください。

ただし、評価の割合としては低くなってしまったので、逆に頑張らなければなりません。

日々の投稿はしっかりやりましょう。

 

⑧SNSのエンゲージメント

忘れてはいけないエンゲージメント。購買意欲の高いお客様…といえばイメージしやすいでしょうか?

エンゲージメント自体の意味は「約束、契約」などを指しますが、SNSでは「絆、繋がり」の方がマッチします。

エンゲージメントしてカウントされるアクションはSNSによって違います。

ですが、「クリック」「返信」「フォロー」「いいね」が基本です。

 

SNSでもしっかりとしたファンが必要だと言う事ですね。

フォロワー買ったり、自動システムは入れない方が良いですよ。

 

【飲食店 ローカルSEOで上位表示】Googleマイビジネスの新機能「@略称」

2019年6月22日

ふとGoogleマイビジネスのアプリを見ると見慣れない項目が…

 

なんとメンション機能がついています。

しかもビジネスの略称は好きにつけられるようなのでMEO対策キーワードを入れてみました。

結果どうなるかはまだわかりませんが、ビッグワードを盛り込んで表示できれば間違いなくローカルパック入りできてしまいます。

 

ためしに「新宿-居酒屋」と入力してみましたが、当然エラー…(笑)

@以降入力できるのはアルファベットのみ。

…さすがに甘くありません。

 

今後なにかアップデートされたときは、

私のように「とりあえずやる」前にGoogleマイビジネスのヘルプで検索してみましょう!

ビジネスの略称と URL を作成する

ビジネスのオーナー確認が済んでいる場合は、ビジネス プロフィールで使用する略称やカスタム名を作成して、ユーザーに見つけてもらいやすくすることができます。略称を掲載すると、ユーザーがブラウザのアドレスバーに略称の URL(g.page/[お客様のカスタム名])を入力して、ビジネス プロフィールに直接アクセスできるようになります。

注: 一括管理を行っている場合は、略称をリスティングごとに個別に申請する必要があります。

略称を作成する方法

独自の略称を指定する際は、お店やサービスの名前、ブランド、拠点、その他にビジネスを表す語句などを使用するようにしてください。たとえば、拠点(市区町村や周辺地域)を含むお店やサービスの名前を使用できます。

シンプルな略称を使用すると、宣伝がしやすくなり、ユーザーにも覚えてもらいやすくなります。

引用元:Googleマイビジネスヘルプ

 

普通に考えて「地域-業態-店名」のようなスラッグ(パーマリンク)が良いと思います。

さて、この機能をつけるとどうなるかと言うと…

 

Googleマイビジネスページへのリンクを貼る事ができます。

 

ちなみにドメイン名はhttps://g.page/〇〇」

このURLを使ってリンクが張れるとどんなメリットを紹介して行きましょう。

 

①GMBページのリンク

先に説明したローカルパック入りするのに被リンクが重要だと記載しました。

今までGoogleマイビジネスで作れる無料ホームページぐらいしかリンク貼れませんでしたが、

メンション機能がついたことによってどこでも自由に被リンクを貼れます。

 

②レビューページにアクセスしやすい

今までは口コミや評価を入れるには「地名×業態」で検索するか、

Googleマップで表示しなければできませんでした。

 

ですがメンション機能を使えば顧客にDMも送りやすい。またURLもあるのでQRコードも作れます。

先のローカルパック入りする重要項目にも入れましたが、口コミは重要です。

どんどん入れてもらえるように工夫しましょう。

 

ローカルパック入りするためにやるべきこと

Googleはユーザーが望む検索結果が得られるように常にアップデートを行っています。

ある程度先読みも必要ですが、ローカルSEO(MEO対策)SEOと関連が強い。

 

ローカルパック入りするのに必要なのは、自社サイトをSEOで上位表示させる事が重要です。

 

【飲食店 ローカルSEOで上位表示】分析結果からやるべきこと!

Googleマイビジネス自体の内部構造、差別化も大切です。

ですが…それは誰でもできます。

 

私の実感ですが首都圏の多くのお店は内部構造の最適化はできています。

さらに多くのお店が投稿・更新に力を入れています!

 

つまり、そんな競合がひしめくエリアでは、もう一歩先を行った対策を取らなくてはなりません。

ヒントは内的要因でないのなら外的要因!

 

次世代ローカルSEO(MEO対策)の解説は、月刊リライト7月号に掲載予定です。

また、FC.REAL.CONSULTING.TOKYO様でも詳しく掲載されているので下記記事もぜひ参照ください。

・飲食店のローカルSEO(MEO)!順位はこうして決まる!【2019年版】

・Googleマイビジネス(ローカルSEO)の略称とは?ショートネームとURLを獲得してシェアしやすくしよう!

【告知①】Googleマイビジネス運用代行スタート!

リライトではGoogleマイビジネス運用代行を行っております。
さらに!現在初期費用無料!

お電話または問合せフォームよりご相談ください!


例)cafe recrire


例)カフェリライト


例)東京都渋谷区〇〇


例)http://relight-consulting.com

メッセージ確認後、こちらから折り返しご連絡差し上げます。

【告知②】飲食店web集客情報誌「月刊リライト 創刊号」発売中!

リライトでは飲食店を経営するオーナー様、店長様、またはwebマーケターになりたい方に読んでもらいたいコンテンツを配信しています。

月刊リライト創刊号では有料コンテンツがおまけで読めちゃいます。

立ち読みもできるのでぜひ読んでみてください。

※画像をクリック

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す