【飲食店でYouTube(ユーチューブ)集客】SNS×動画マーケティングにチャレンジ!

我が家で子供達が延々と見続けているYouTube

6歳の長男がヒカキン氏を知っていることには驚きました。

そして見ているのはひたすら「ゲーム」チャンネル。

 

今やYouTubeをきっかけにテレビ出演する有名人がたくさんいます!

 

そんな影響力のある方に自分たちの店舗を取り上げられたらどれぐらい効果があるでしょうか?

TVなどは情報が常に流れている状態ですが、YouTubeならコンテンツが蓄積されます。

 

見たいと思ったときに見れる。

自分の関心のあるものが見れる。

 

それがYouTubeの魅力ですよね。

 

YouTubeに取りつかれている長男の横で静かに記事を書きます。

それでは動画マーケティングをアップデートしていきましょう。

 

◆合わせて読みたい!

※こちらも是非参考にしてください。

【飲食店の動画マーケティング】〜これからyoutubeを始める飲食店の3つの施策〜

飲食店がYoutube動画を制作する3つの理由

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):はじめに】地域×業態で検索しよう!

誰もが見る動画サイトに飲食店を掲載しようと思った方いらっしゃいますか?

 

実は今飲食店を動画で検索する方

 

…増えてきています。

 

試しにYouTubeで「地域×業態」検索してみてください。

かなりの動画が出てきます。

 

飲食店で動画が掲載できるのはYouTubeだけではありません。

 

インスタグラムやオウンドメディアなど様々な場所で動画は掲載できます。

飲食店で動画を使ったマーケティング方法を紹介していきましょう。

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):その1】飲食店は動画サイトで検索されるようになる!

冒頭でも紹介しましたが、今の時代YouTubeで飲食店を探す人が増えています。

ちなみに「新宿×焼肉」で検索した結果がこちら(2019年7月)

 

いろいろな飲食店が自店のメディアとして動画を活用しています。

一覧で出てくる動画は全てユーチューバーのものです。

インフルエンサーでも紹介しましたが、ユーチューバーにもジャンル特化型のメディアを配信している方が多く、焼肉・ラーメンなどは特に注目の業態です。

 

例えば…

 

はいじぃ迷作劇場さん

 

タナちゃんねる【ソロキャンプ&アウトドア】さん

 

焼肉女子。さん

 

など食べ放題で大食いのユーチューバーが来店するのは最近ではよくある話。

店舗が取り上げられれば、それだけで紹介になります。

そんな当たり前のように見られているYouTube

 

当然「お店探しに使うユーザー」が存在してもおかしくありません。

動画は写真や文字に比べると、情報量が比較にならないほど多い。

 

動画で入った情報は、文字や写真で入る情報に比べてかなり頭に残ります。

ユーチューバーは自分でお店を選ぶケースもあると思いますが、ある程度のチャンネル登録数があれば依頼を受けて紹介している可能性も高いです。

 

マーケティング意識の高い企業や店舗はすでに動画マーケティングを取り入れています。

早く始めなければあっという間にシェアを奪われていしまうからです。

 

現時点で「新宿 焼肉」焼肉で上位に持ってくるのは非常に厳しいでしょう。

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):その2】動画ありのコンテンツとなしのコンテンツ…SEO対策においての違い。

YouTube動画を自社メディアに掲載すればSEOにも効果的です。

10年以上前から動画ありのコンテンツはSEOに有利だと言われてきました。

確かにあるワードではwebサイトよりも動画が上位に表示されることがあります。

この傾向が今後如実に表れてくるでしょう。

 

実際にYouTube動画を埋め込んでいるホームページが検索上位に来ているケースもあります。

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):その3】オウンドメディアとしてのyoutube

新聞よりもTVになってしまったように時代は変化し続けます。先駆けて文字や画像のコンテンツよりも、動画のコンテンツを用意しておきましょう。

とはいえ、

 

「コンテンツはどこで配信すればいいの?」

と疑問に思う方も多いでしょう。

 

将来に先駆けてコンテンツは自社メディア、YouTube、インスタグラムのIGTVなどに掲載するのがいいでしょう。

 

まずはYouTubeチャンネル開設し、定期的にコンテンツを配信する。

自店のファンを増やすうえでもコンテンツを複数用意するのは不可欠です。

 

YouTubeではチャンネル登録できるのはご存知ですよね?

他のユーチューバーのようにわざわざ取材レポートする必要はありません。

 

飲食店は飲食店らしい投稿がいいのではないでしょうか?

投稿内容に関してはまた別の記事で紹介させていただきますが、ぜひ頭に入れておいてください。

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):その4】ユーチューバーを使ったマーケティング

さて、今の時代まだまだオウンドメディアとしての動画はかなりハードルが高いですが、安価なコマーシャルと思ってYouTubeの人気アカウントで貴店を紹介してもらうのは可能です。

有名ユーチューバーに依頼し貴店を紹介してもらいましょう。

 

某寿司チェーンではアイドルタイム中にかなり安い食べ放題を実施し、ユーチューバー集客に成功しました。

大食いチューバーが多数来店することによって、集客の難しい時間帯の認知拡大に成功しました。

これは次世代マーケットを理解した素晴らしい手法です。

いろいろな人気グルメチャンネルで見て、紹介してもらいたいユーチューバーを探しましょう。

 

※ユーチューバーマーケティングをお考えなら弊社にご依頼ください。

 

また、自店舗のプロモーションビデオを撮影するのも効果的です。

自分の店を数分間のテロップ付き動画を作ります。

そこに芸能人を入れれば、費用はかなりの額になっていしまいますが、動画だけならかなり安価に制作できます。

次は動画マーケティングにかかる費用を紹介していきましょう。

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):その5】YouTuber動画制作費

ユーチューバーに依頼するには自分で探すか、弊社のような代理店を使うかの2択です。

代理店を利用するメリットは「どのユーチューバーに依頼すれば効果的か?」を判断してくれることです。

また飲食店なら業態やジャンル、紹介したい商品の構成などユーチューバーの先にいる見込み顧客にどんな情報を流せばいいか考えてくれます。

やみくもにユーチューバーにお願いしても…「どんな動画を作ればいいかわからない」では作ってもらえません。

 

【飲食店でYouTube(ユーチューブ):その6】PV動画制作費

タレントのいないプロモーションビデオなら20~50万円程度で制作できます。

なぜ動画制作だけなら、ここまで安価なのかというと拡散力が伴わないからです。

仮に有名なタレントを使っても見てもらえなければ同じです。

見てもらうために動画を広告に載せなければなりません。

 

もちろんホームページやインスタにアップしても構いませんが、アクセス数もフォロワーもいないところに上げても意味はありません。

例えばリスティングに費用を割いたり、その動画をYouTube広告に使うなど…目的を持った動画づくりが大切です。

 

飲食店でYouTube(ユーチューブ):その7】動画制作ならリライトへ!

動画を作ってweb上に配信する方法は様々あります。

飲食店様の動画制作をお手伝いするためにも特別プランを用意しました。

 

 

動画制作プラン 78,000円(税別)~

・15~30分の動画制作(制作会社による撮影・編集)
・インフルエンサーさんがお店を紹介します(20,000円+税)
・YouTube仕様とSNS用に編集

詳しくはこちら

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す